FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2037.08.31 (Mon)

はじめに

初めに読んでいただけると幸いです。
スポンサーサイト



20:42  |  未分類  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.10 (Sun)

プロフ便乗


昨日のこと。
部屋の片付けからのノリで、自分の身も心も清めよう!と銭湯に行ったんですね。
銭湯に行ったのは良いんですが、見事にのぼせました。

お湯に入ってる時は何とも感じなかったんだけど……。
むしろ「もう少し入ってようかなー?」すら呑気に構えてたんですけど……。
出てきた後がもう頭がぽっぽぽっぽ、胸はドックドク。
クラクラでもう、
うっへーーーー☆っとなってました。

「銭湯では俺たちは外にいるから」と待ってたFさんも、りあの顔と様子を見て

「おま……、おまえはーーーー!!」

と騒ぐ。


F「ゆっくり入りなとは言ったけど!!入りすぎだバカ!!」

私「いやーー、入ってる時は全然のぼせてるなんて感じなかったのにね……」

K「どんな入り方を?」

私「露天風呂入って出て、壺の風呂入って出て、露天風呂入って出て、室内の風呂入って出て、露天風呂入って出て、壺の風呂入って出てきた」

F「何でそんなウロチョロした入り方してるの???」

私「色んなお風呂があるから……」


ちなみに1時間近く湯船に入ってたみたいです。
入ってる時はわからなかったんですが、出てきた時確認したら1時間はたってた。
ふやけちゃう。


Fさん、その日の夜に
「別に銭湯入る気ないけど、あれだ、……縛る手綱が欲しい……」
と1人ぼやく。
はい……、今後は気をつけます……。



そして今回は便乗診断記事です。
巷で話題のアレです!!
三人分をドドーーーッとのせていきます。いくぜー。







myimage (2)
prof20191108 (2)





Fooたん!

性格、わりと当たってますね!
大体こんな感じ。
こうして見るとホント天使な人格してんなFさんも。

今ほしいものが ”動揺しない心” 、すげーーーーそれっぽくて好きです。
リアルに欲しがってそうで笑える。
Fさんな……。
私がじっ…………っと長く見つめるだけでな……、
胸いっぱいになってそわそわと逃げだす心の持ち主だからな…。 逃げんな。





myimage (1)
prof20191108 (1)


K様。

>>生きてるだけで周りを凹ます<<

この一文を見たFさん、「…じ、自信に相応しい実力持ってるのは…、あってるから…」って素直にフォローしだす。
それに対してK様は


「俺が凄すぎて、眩しくて、周りは目が潰れるという意味だな(^ ^)」


とだいぶ前向き。
Fさんは「そう……」とスッと冷静塩態度。

あとのは大体完璧超人って感じで書かれてますが、まぁそんな感じですね!
ほんとKさん隙がねぇーーー。





myimage.png
prof20191108.png


ワイ。
褒められててなんか恐縮。
縮んじゃう…。

”みんなに言いたい”の一文を目に入れたらしきFさんが、

「凄い言いそう」

って一言つぶやいてたのが頭の中強く残ってます。




07:55  |  語り  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.06 (Wed)

Kさん食レポ記事



K「食レポというものをやりたい」


と急に言われました。





私「しょくれぽ」

K「ブログで食レポをやる。構わんな」

私「急にどうしたの……? まー別に良いけど。 でも、あまりにもな発言してたら検問はするよ~」

K「俺のブログだぞ? 検問とは何だ。 不敬」

私「私の……、ブログです……」

K「いわばあれは、りあだけではなく、俺達三人が共有しているものだと俺は認識している。 俺達三人の日常のブログだからな。 そして、なおかつ、俺が書く記事は俺のものといっても過言ではない」

私「ま、まぁ確かに……」

K「そしてあのブログを見に来る者は、俺達に好意的感情を抱いている者が多い。 その者達は俺達の素の・いつもの在り方を見たいはずだ。 そうだろう?」

私「あ、まぁ、わかる。 でも検問って言ったけど~~、言ったけど~~~~! 別にそんなKさんの発言を捻じ曲げるようなつもりはなかったのに~~…」もごもご

F「まー、りあ。 食レポで変な発言は流石に出ないだろ。 やらせとけ」

K「………… (^ ^)」

F「そこで黙るんじゃない」



私「ところで、ほんと、何で急に食レポやりたくなったの?」

F「どうせ、ただの気まぐれかなにかだろ……」

私「一回やって、満足して、もうそれっきり、っていうパターンありそうー」

K「散々な言い様だなお前ら」



そんな訳で、追記からKさんの食レポです。



17:52  |  FK視点日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2019.11.01 (Fri)

Kさんこまごま?



hlllf.png


ファミレスとかで、私の目の前に座るKさん。
おっきい!



最近の研究で、カラスは人間でいう七歳ぐらいの知性があると知り、
度肝を抜かれました。りあです。

賢すぎない…………??
や、賢いのは知ってたよ?
自分で割れない木の実を道路に置いて、車がそれを踏んづけた後、割れた木の実を回収しにいくっていう。
あとは、滑り台で遊んでるカラスを昔ネットで見た覚えがあります。
かしこい!

でも、七歳……、七歳……?
すごい……
すごくない……?
びっくり…………。

カラスはあの黒い体毛と、大きい身体が好きです。
身近にいる生物の中でも、中々に大きいよねカラス。
ちなみにFさんは鳥も好きみたいです。
鳥を見つけると、目線がちょっとそっちに行く。かわいい。




たまにはデ○ーズに行って、ご飯にしようと決めました。
デニー○にはここしばらくずっと行ってなかったんですが、
何がきっかけか、「たまには行くか~~」とふと思ったんです。 きっかけは忘れた!

で、向かってる最中に

K「トリュフのやつが食いたい」

とKさんが言い出しまして。


私「トリュフ? ……トリュフ? あったっけ?」

K「去年か一昨年か? デニーズの近くを通ったとき、旗にトリュフと書いてあったのを見たぞ。 りあもFも見たはずだ」

F「……あー……」

私「…………あー、……よく覚えてたね……。 すごいね……」

K「あれが食いたい。 食うぞ、りあ」

F「……でもさ、店の外にある旗って、大抵は期間限定ものじゃなかったか?」

私「は〇寿司とかそうだね」

F「今の時期無いんじゃないか? 別のに切り替わってる可能性はあるよな」

K「トリュフを食おう」

F「話を聞け」


で、〇ニーズに到着しました。
期間限定で、現在、トリュフクリームのハンバーグというものが売られてました。



…………


末恐ろしいなぁ…………


どこからどこまでが、Kさんの仕込みなんだろうな、これ……。
年単位で……、お前……。
底が知れないというか、今回で、”あっやっぱ敵わねぇわ”って再認識しました。
もちろんハンバーグは買いました。

味はですねー。
ハンバーグは柔らかくて、デミグラスソースは濃厚で、美味しかったです!
トリュフの味は正直全くわからなかった!! でもおいしかったです!!!






ハロウィンという日は、元々は普段守ってくれてr身近な神様に感謝をするお祭りだったことを、友達に教わりました。

ので!

ハロウィンはKさん感謝デーとすることにしました!
今年以降のウチでのハロウィンは、Kさんにひたすら感謝しKさんにひたすら良くするデーです。
それと同時に、来年以降もコスプレコーナーにFさんを連れていく
当の本人のKさんは、にっこり顔(^ ^)でご満悦

夕飯はお外でお肉を食べたり。
家に帰ってからは、Kさんを構い倒したりしてました。

それで、改めて思った事が一つ。
Kさん、やっぱり撫でられたがりになってる。

構うからこっちカモン Kさんオラァ!!!ってしたら、
撫でろと言わんばかりに、頭ぐいぐい押し付けられました。

こう、布団でりあが横になってるとき、ちょうど肩らへんにKさんの頭がぐいぐいと。
それで撫でたら、なんか機嫌よさげに笑ってたので。

あらー、なんか撫でられるの好きになったんだなーって。
今年の五月から撫でられる良さに気付いたKさんだけど、今後もどんどん良さに目覚めていくのかなぁ…。



私「人型の大きい狐って感じだなぁ~~」

K「狐でろうが何であろうが、俺は俺。 故に、狐の時に感じて”良い”と思ったものは、人の姿の時も求めてしまうというもの」

私「そういうもんかぁ……。 そうだなぁ……。 Kさんだもんなぁ……」

F「”Kさんだもんなぁ”が魔法の言葉になりすぎているぞ……」

私「便利なんだもん……、これ……。 実際そうだし……」

K「便利なもんで済ますもので良いのか?(^ ^)」

私「ブベベベちがうちがうちがう。  やー、でも、実際? Kさん経由で、何か起きた時でも?  ”Kさんだもんなぁ……” で納得するようになっちゃったんだもん!!」

K「ふふふふふふ」

私「とにかくKさん、いつもありがとうねー。 これからもよろしくねー」

K「あぁ。 ……ふふふ」

私「Fさんもねー、いつもありがとうねぇー」

F「はいはい」



20:44  |  日々  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2019.10.25 (Fri)

Fさんにちょっかいかい


こんばんわ。
どうやら冷えに弱い体質らしい、りあです。
この時期になると風邪を引きやすいみたいなんですね。

あんま自覚無かったんですけど、去年か一昨年あたりに、少し自覚しはじめました。
寒い時期、最低一回は風邪引いてる気がする!
Fさんには

「(自覚するの)遅すぎ」

と文句言われたりもありますが、それは置いときます。

で、最近。
のどの痛みがほんの少しあったんですよ。
(うわ~~~~これ風邪になるやつ~~いやだ~~~~!!!!)って思ってたんですが、
四日続けて生姜焼き食べたら、治りました!

そう!!つまり!!

風邪には生姜が効く!!!!!!!

よく聞くじゃないですか、風邪には生姜と。
そう!!
ちゃんと生姜は効くんです!!!
まー、その時の体力や環境、あとは風邪の野郎の強さ具合で、違いはあるでしょうが。

でも私は体感しました。
生姜様様です。
これからの時期はちょっと生姜を意識します。

ちなみに生姜焼きに使ったのはチューブのやつ。
チューブも美味しいよ!
生姜すり潰してからのと比べちゃうと、流石に風味がちょっと……、だけどね。
生姜するの、めんどくさいから仕方ないね☆ 

Kさんが何か言いたげな目で見てくるけどスルーするね☆


四日分の生姜焼き、全部チューブのやつだったからな……。
ていうか、もう、ここしばらくはずっとチューブだからな……。
生姜じゃないけど、Kさんが食いたいって言ったローソンのショートケーキ買ったから、それで許して欲しい。
ゆるして…ゆるして…






いつもFさんは基本的にりあの隣に居ます。
座ってたり、立ってたり。
私が絵を描いていようが、ネットで楽しんでようが、仕事中だろうが。
じっと。
じっとそこに居ます。


なので手を出しやすいんですよね。


今、スススーと後ろにFさんが下がっていきましたが、まぁいいでしょう。

で、ここで前提の話は終わり。
気が向いてFさんのコートを思い切り引っ張って遊んだ時のこと。

「急になにするんだ!!!」

とピーピー怒るFさんの声を聞きながら、それでもなお、引っ張ってました。

このまま引っ張れば、Foo太郎は私のとこにどんってぶつかるはずだと企みながらです。
Foo太郎にぶつかってもらいたかったんです。
その場の思い付きです。
その場の思い付きで急に引っ張られるFさん、苦労人ですね(他人事感)


で。

すぽーーーんっ

って感覚。




ko-tosinobu pu-




私「…………」

F「…………」





ko-tosinobu.png



なんか器用な真似された。

コートだけ私の元に残して、本体は逃げるという。
そのせいか本体はわりと余裕そうというか、「ふんっ」なんて言い出したり。
なんかむしゃくしゃしたので、
コートをぎゅ~~~~~っと抱きしめて、顔グリグリして、「良い匂い~~~~」ってしてやった。

「返せ! まっ…、それ返して!!!」

と、ピーピー叫びながら、凄い照れながらりあの腕掴み、結局Fさんの余裕は崩されました。
この時の慌てようが凄まじかったです。
コート脱いで、(これでもう何も出来まい)とでも言いたげな「ふんっ」からの、
「待って!それ返して!!」がとても可愛かったです(満面の笑み)
ちゃんとコートは返しました。







私「FさんFさん」

F「なに」

私「Fさんのこと甘やかしたいんですよね」

F「あそう」

私「膝枕したいから、横向きに寝てー。 膝に頭のせてー」

F「しない。やらない」





私「そういう事言うから衝動的になるんだよ!!!!!」
F「むちゃくちゃ言うな!!!」



私「聞いてFさん。 Fさんも横になる事あるでしょ? いつも私とお布団の中で寝てるでしょ? その時枕使ってるでしょ? それが私の膝になるだけだよ???」

F「だからなんだ。 そもそも、りあは枕じゃない」

私「そこじゃないんだよ、枕じゃないのはそうなんだけどさ、Fさん?」

F「りあが変な理屈こねてきたから、俺もそれに返しただけ」

私「……これは一本とられたな……」








私が家に入る時に「ただいまー」って言うと、FさんとKさんは「おかえり」って返してくれます。
いつも、2人も私と一緒に家に出入りするんですね。
いつも3人で外に出てるからね。
で、それ前提で、上のやりとりをすることがあります。
このやりとり。
なんとなく好き!


で、そのやりとりをなんとなくした時のこと。

私「ただいまー」

K「あぁおかえり」(りあより真っ先に家の中に入りながら)

F「おかえり」

私「…………Fさん」

F「?」

私「おかえりって言う時ね! 私より先に玄関先に入って、私の方向いて、”おかえり”って言って!」

K「ブフッッ」(吹き出す)

私「やってーほらやってー」

F「…………たしかに。 一理あるな……?」

私「え」


Fさん、りあより先に玄関先に立つ。
りあに向き合い、目と目を合わせる。
至って真面目なお顔なFさん。


F「おかえり」

私「……Fさん……」

F「?」

私「…………た、ただいま……」

F「ほら、早く部屋に入りな」

私「…………ほんと真面目というか…、なんというか…」抵抗されるかと思ってた

K「俺もやった方が良いかぁ? ふふふ」

私「もういいよぉ大丈夫だよぉ」



ちょっかいかけようとしたら、なんか天然発揮されました。

私としては、これお嫁さんというか、「おかえりなさい♥」な雰囲気のやつって感じだから、
それを考えてFさんに言ったから、
ふつーーーに「何考えてるんだ!」って、抵抗されると思ってたんですね。
ふつーーーに素直に受け答えされたので、逆にドッキリしました。
ぶぇーーーーーーー!


でも真面目だからこそ天然になっちゃう、素直なFooたんも可愛いから、ええよ……
Fooたんは可愛い……
Fooたんは真面目……

「メイド服着て、完全版として、俺が披露してやろうか?」
とか言ってくるKさんはおふざけ……

19:44  |  日々  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT